このガジェットでエラーが発生しました

2010年3月12日金曜日

MIDNIGHT

昨日渋谷O-Crestに集まって下さった皆様に心から感謝します


完全当日会場限定にて発売となりましたPDSS(パイロットデモシングルシリーズ)の第一弾もおかげ様で完売の運びとなりました

重ねて、ありがとうございました

(※万が一「予約したが手に入れられなかった」という方がいらっしゃいましたら、お手数ですがhello@darling-darling.comまでその旨とお名前をご記入の上メール頂きたく思います。次の4/14新宿LOFTのDADAライブには特別特典をプラスで内包して100円でお渡し出来る様にご用意致します。よろしくお願い致します。)


昨日の渋谷O-Crestでのライブを期に、DARLING DARLINGは「PDSS」(PilotDemoSingleSeries)という新プロジェクトを立ち上げました

この「PDSS」プロジェクトを立案する発端となったのは、ライブ活動を行っていく最中でいつも感じていた一つの「違和感」からでした。

未来という概念と共に活動を続けていく限り、僕達は新たな楽曲作品を生み続けていきます。そして、新曲が出来たならば、その度ステージで発表し、歌い、演奏します。

それはとても自然な事で、誰も何も咎めるものではありません。

ただし、そんな新たな楽曲を鳴らした瞬間、もしもそれを誰かが愛してくれたとして、その場所にその音源作品が用意出来ていない(もしくは出来ない)状況というのは、とても由々しき状態なのではないだろうか、と僕達は思っていました。

現在のシーンで活動していく以上、「作品を発表する」という行動には沢山の段取りとその段取りを踏むまでの、そして踏む為の責任があります。

ただ、そんな中で我々アーティストサイドが楽曲作品を制作し、皆様に発表させて頂くまでの過程をより短縮することは出来ないだろうか、という想い。

また、正規作品としてリリースするという状況に導くまでの様々な段階や業務的な作業を少しでも軽減させ、今ここにある音楽をその時その場所で皆様に提供していく術はないのだろうか、という音楽家としての純粋な願い。

そんなクエスチョンに今の僕達が用意した答えが、この「PDSS」というプロジェクトなのです。

この「PDSS」を経由して、DARLING DARLINGは月に一度のペース(※活動内容による変更もあります。)で、新たな作品達を完全当日ライブ会場限定にて発表していく所存です。

また、「PDSS」は楽曲のみの販売ではなく、その時々で様々なグッズや関連情報も共に同封し、DARLING DARLINGの持つオリジナリティを皆様と共有出来る、一種の「福袋」的な存在のプロジェクトワークスにしていきたいと考えております。

一人でも多くの方に「PDSS」の在り方を理解して頂き、我々アーティストとフロアをより一層繋ぐ一つのツールとして、皆様の手にお届け出来たら、と心から祈っています。


今後ともDARLING DARLINGへのより一層の応援と御愛顧の程を、何卒よろしくお願い致します。



ライブ明けて今日、ウツミと二人で機材運搬も兼ねてドライブをした


バンドっていうのは「運命共同体」だったり「ソウルメイト」なんて呼ばれる事が多い

僕は、そうやって名付けられる名称は、決して大袈裟ではないと思っています

共通意識や、それに伴う共通言語というものは、生まれるべくして生まれるもの

それが存在しない場所に、奇跡は生まれようがないのです

僕がバンドというものに拘る本質は、きっとそこにあります


昨日のライブ、僕は決して納得していません

もっとみんなに伝えたい想いがあったから

もっとみんなに見せたい景色があったから


こういうことをこういう場で綴るのは間違っているとも思います

それでも、自分への戒めとして決してこの悔しさを忘れない様に、この場所に綴り残しておきます


今日はウツミと大切な話が出来てよかった

ありがとう


否応無しに僕らは「勝ち負け」というフィールドに投げ出されているんだ

もう勝つしかないんだ


2010/03/12

DARLING DARLING

キムラ ハヤト


DARLING DARLING official website
DARLING DARLING official online store
DARLING DARLING mySpace
DARLING DARLING twitter